<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2020.05.16 Saturday

より道

千葉の浦安へ。

歴史がたくさん残ってる街。
少し制作が落ち着いて来たので、
ひさしく足を運んだついでに探索。

というのも、カーナビを観たら
ふと「豊受神社」が目に入って来た。
豊受さんと云えば伊勢の外宮、
これもご縁ちゃうかいなとお邪魔。

立派な御社。

地元の御祭りで使われる神輿が飾られてたり、
中でもビックリしたんが、「富士塚」と云うモノ。

こんなん、はじめて見た。

「伊勢講」しかり、江戸時代に「富士講」が結成され、
現地へ行けない者たちのため、分霊を祀ったモノらしい。

ここ浦安には3ケ所の神社に在るようで、
やっぱり霊峰は偉大な存在なんやね!!

時代関係なく、人は偉大さを敬い、
手を合わせて祈りを捧げて来たんやろな。

なんかまた山に登りたなって来た。
今年も一日山伏で大峰を目指すど!!


04:36 | - | - | -
2020.05.15 Friday

便りは嬉しい

よく手紙を記します。

昔から筆をとって描くコトが好きで、
今も事ある毎に手紙を送るようにしてる。

今日も一通、労いの便りを頂きました。

感謝感謝!!

手紙を貰うと何とも言えん温もりを感じる。

便箋の選び方、文字の癖…
手書きはその人が良く見える。

もらって嬉しいモノは、たくさん贈ると良い。


17:45 | - | - | -
2020.05.14 Thursday

おかえり、相棒!!

無事に帰って来てくれました。

ぼくを録ってくれる相棒、
GENERAL ELECTRICのマイクプリ君。

これで、また歌える。

以前にも記したように、1940年代の代物なんで
当然のように常に最良の状態を保つコトは難しいが、
ヴィンテージにはヴィンテージの付き合い方がアル。

今回リペアしてくれた御人は、
ほんま技術と責任のある方で。

繰り返しチェックをし、
これであればと、2週間を費やしてくれた。

本物の技術者は、責任感と云うモノを携えてる。

プロの仕事を届けてもろたわけやから、
ここからはプロの唄を吹き込んでいかんとね!!
 


03:42 | - | - | -
2020.05.13 Wednesday

新しいカタチ

素敵なバラードが仕上がった。

イメージ的にアコーディオンが流れて来たので、
勧めてもらった音源を入手し、早速。

この子、すごすぎる…

アコーディオンならではの蛇腹の空気感まで
ちゃんとシミュレーションされてるし、
バンドネオンの音色がこれまた良い。

近年のソフト音源の進歩はホント凄まじい!!

Rioの作品は、1stアルバムからすべて
生演奏にこだわって創り続けて来たけど、
Recの形も色々変化してくんやろなぁと思う。

時代に流されはしないが、
あえて反発しようとも思わない。

使えるモノは使い、乗れるモノには乗り、
より良質な音楽、皆が喜んでくれる作品を
ひとつの形として残せれば、それでいい。

日々は流れ、時代は発展してる。

創意工夫をそそげば、
必ずより良いモノが出来る!!


13:58 | - | - | -
2020.05.12 Tuesday

探求と追及

おかげさんで、音楽家ですが…

もし、輪廻転生
生まれ変わりがあるなら、
目指したいのが、''学者''と云う職。

科学者や物理学者が、世を変えた。
数学者が時代を測り、世を救った。

学者がおらんかったら、電気がない。
アンプも電子楽器も照明もミキサー卓も、
マイクロフォンも… レコーディングもない。

レコードやCDも産まれなければ、
たくさんの感動を残して来たステージもない。

''天才''たちがおってくれたからこそ、
時代は繁栄し続け、''今''という時代がある。

すべては先人たちの恩恵。

実話に基づいた映画をちょこちょこ観る。
''天才たちの軌跡''を辿ったモノが大好き。

目の前にあるモノは偶然の産物やなく、
学者たちの探求と追及の賜物なのだ。

生き死にを味わい、差別を乗り越え、
それでも生かされた才能のおかげさんで、
我々は、''今''を嗜むコトが出来るようになった。

時代は常に発展してる。
未来には必ず希望がある。

新曲『ROCKET』は、
そんなコトを記してみた。


04:05 | - | - | -
2020.05.11 Monday

えぇコト言うわ。

コイツ、えぇコト言うわぁ〜

まさにリアルに世に訴えとる!!
''今日''と向き合うコトが、''明日''を創ると。

めっさ同感や!!

目の前を遂げるコトこそが、
''次''を築いてくれるんや!!

その通りや!!

どっか我々は結果ばっか求めて、
''先''を創る''今''を見失いがちになる…
アフターコロナに伝えるべきモノを、
''今''と云う時間に創り貯めなあかんのよ。

いやぁ〜

ぎょーさん本読んでただけあって、
コイツえぇコト言うわぁ〜

なぁ、二宮さん!!


03:24 | - | - | -
2020.05.10 Sunday

カーネーション

中央道を走り郊外へ。

初夏のような陽射しの中、
先に旅立った母の墓参りへ。

いつも近所のコンビニで献花を買う。
今日は母の日にちなんで、
カーネーションが添えられてた。

こういうの、すごく嬉しい。

いつもとちょっと違う心遣い、
感動ってのはそこに隠れてる。

母上殿、聴かせてやりたい唄がある。


12:32 | - | - | -
2020.05.09 Saturday

不思議な時間

ぶっ倒れてから…

あれよあれよと三カ月。
驚くほどに日々は早い。

おかげさまで体調も良く、
ほんまに大病をしたのか!?と
自分自身でも妙に感じる今現在。

流行り病がリンクしたせいで、
自分だけが時間軸から離れた感じがしない。

必然やったんやろうか…

まさかの「坂」を経験したが、
様々を見直し、整理整頓出来た良き期間。

こういう事にならんかったら、
決して味わえなかった不思議な時間。
1分1秒を大切に使えてる日々なのです。


11:40 | - | - | -
2020.05.07 Thursday

うるまない月夜

見事な満月。

良きお月様を見ると、撮りたくなる。

今日はごっつ低かった。

相変わらずシーンとした街が、
さらに静かに感じる休日の宵。

そろそろGWも終わるんかな…
元々長期休みとか、あまり関係ないけど
今年は誰もが同じよな静寂を感じてるんかな…

ちゃんと「本当のコト」が報道され、
いま、我々はどこへ向かっているのか…
いま出来る本当の精一杯はどこにあるのか…

伝えてほしいね。

こんなに綺麗な満月やのに…
本当のコトがないと、うるみはじめてしまう…

うるまない月夜、
ひさしく自分の唄でも聴いてみる。

『うるむ月夜』
 


22:45 | - | - | -
2020.05.06 Wednesday

つかまえるんや!!

唄がわいてくる。

ものすごい勢いで、
次々とフレーズが産まれてくる。

あいかわらず自分自身に、
「天才ちゃうか!?」を言いまくってる。(笑

こういう時には、
すべてを犠牲にしてでも…

絶対につかまえるんや!!

そぅ、すべてを犠牲にしてでも。
その勢いがないと、唄もフレーズも、
せっかくの降臨タイムが逃げてってしまう。

車をはしらせ…

あの頃を探してみる。
これからを追いかける。
過去と未来を往ったり来たりしながら、
今のこの瞬間を大学ノートに描きまくる。

絶対につかまえるんや!!


12:01 | - | - | -