<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< こういう偶然 | TOP | 天河大辨才天社 奉納ライヴ >>

2019.09.11 Wednesday

人生初『行』

Rio、42歳後厄。

人生初の行へ、
大峯天河へ向かいます。

ちょっとした人生の節目、
自らに圧をかけ、日々を追い込みたく
ふと、『行』という言葉が頭を過ぎった。

そこで、仲良くさせて頂いてる、
横浜普門院の拝田賢翔住職に連絡したら、
「ほな、いっぺん一緒しましょか」と。

拝田住職は真言派の山伏、
当山方山伏として行を積まれてる。

普段はRioの音楽を愛でてくれ、
酒を交わす仲で居させてもろてるけど、
今日は先生と仰ぎ、背を追わせて頂いた。

登拝修行に入る前、水行で体を清めます。

25年ぶりに般若心経を読んだ。
記憶が遠く、歯抜けな箇所が多々あったけど…

そして、清六さん営む『陀羅尼助』サンにて
住職は鈴懸、僕は山袴に衣着替え。

観て!! 住職の貫禄とRioの丁稚感!!(笑

さて、勤行をし、
大峯山寺を目指し、行に入ります。

ここ大峯は、女人禁制。
その理由もすべて紐解いて教えてもろた。

すべてが初めての事、
なので、ひとつだけ自分に課したんが、
住職の仰る言葉に、すべて「はい」で答えるコト。

「呼吸を大事にしてください」
「私の後を追って唱えてください」
何を言われても「はい」が自分ルール。

山道は険しい…

普段ジムや河川敷でトレーニングはしてるけど、
ルームランナーや平地のランニングとは訳が違う…
 
ただただ歩き、登り、
追いかけ、なぞる… それだけ。
少しずつ、ちゃんと行者の顔になります。

一生懸命がすべて。

行を積めたかどうかは分からない。
でも、ひさしく''大変さ''を味わえました。

知らなかったコトを知り、
経験なかったコトが沁み、
またひとつ、自信がつきました。

大峯山上本堂に到着。

ちょうど御開帳の折で、
蔵王大権現を拝ませて頂けた。

さらには、住職のおかげで
秘密の行者さんの扉を開けて頂き、
申し訳ないほどの特別をさせてもらえた。

日帰りも可能やったんやけど、
あえて宿泊を用意してくださり、
喜蔵院の納所、神崎さんと巡り逢えた。

博識な方。

岡山の真備の方で、
昨年の水害で自宅を失ったと…
でも決して暗くなく、いろいろを嬉々と語ってくださった。

一日の内の事やのに、
まるで一週間ほど経ったような不思議。

住職と共に歩き、共に歩み…
これまでよりも近い距離で、
一緒に好きなコトを語らえる仲になれた。

つながり和うためには、
やっぱり、共に歩くコトが大事なんです。

よぉ、御詣り!!
拝田住職に感謝。

擬死再生、六根清浄
良き行を頂戴しました。


12:54 | - | - | -