<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 決起集会 | TOP | 『月世界』、到着。 >>

2018.06.30 Saturday

背中を越えろ

今日から神戸入り。

その前に結婚式のため、
ひさしく目白の椿山荘へ。

会場へ伺って、びっくり…

皇室の結婚式??と思えるほど、立派!!

ぼくは新郎方のご両親、阿部貢三・ひとみさんと仲良くさせてもろてる。
新郎は次男の泰ちゃん、奥様は友海さん。

歌舞伎者、阿部貢三…
その背中の大きさが半端やない…

彼の背中を追いかけ続ける人間たちは世の中に多々… もちろん、ぼくもそのひとり。

ご挨拶は、新極真会館・緑健児代表。

世界を掴んだ緑代表までもが、スピーチの中で…

鼓の演奏からスタートし、我々は目一杯の唄を届けさせてもろた。
トップバッターは長渕剛先輩の長男・長渕航。ほいでRio、ラストは『軍鶏』のYOSHさん。

結婚式のお祝いっちゅうか… コンサートやで!!(笑

舞台裏、あまりにステージが広すぎて…
緞帳上がるまで淋しかったがな…(笑





弾き語りで『ホタル』を。

結婚式を挙げた経験がないから、とても素敵で羨ましかった…
同時に、これだけの場を投じてくれたご両親の背中を越えてかなアカン重圧を知る…

新郎新婦に板から伝えたのは、
「強く手と手をとりあって、どうか大き過ぎる背中を乗り越えてください!!」とだけ。

羨望を頂戴する人間たちには、それなりのプレッシャーと責任がある。
きっと今日集われた方々は、各々の重圧を乗り越えて来た人間ばっか!!

チャンピオン・入来建武、父上・入来武久師範、Rio、奄美の''歌う格闘家''・チョモさん、長渕航。

ご縁を頂戴した方々と握手を交わすたび、「おぉ、Rio!! いやはや…貢三兄はやっぱり…」と…
誰もが彼の背中を見つめ、憧れ、追いかけてきたコトが良く分かる。

貢三兄がおってくれたコトで肩を並べさせてもろてる最高のご縁。

泰ちゃん、友海ちゃん…
ぼくも乗り越えて行かなアカン背中がぎょーさんある。

共に越えて行こね!!
''ひとりひとり''を''ひとつ''に変えて…

おめでとう!!

最後は貢三兄とひとみ姐さん。

こんな親分の顔… いつも凛々しい人やから、当分見れんのんちゃうかな…

良き式、
最高の宴やった!!

さて、我々は神戸へ。


04:07 | - | - | -