<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 無事にツアーを終え… | TOP | 今週のライヴショー >>

2018.05.15 Tuesday

平和の意識

旅を振り返る。

今回はライヴ以外にも、ぎょーさん良き体験をさせてもろた。
はじめて伺う街やっただけに、空き時間を有効に使い地元を巡る。

個人的にどうしてもお邪魔したい場所があり、
広島エフエムの収録を終え、すぐに向かったのは…

日本最大の痛みの地。

街は綺麗に整えられており、
たくさんの外国人観光客が居た。

陽射しの強い日やったせいか、
記念公園の日陰でビールを呑んでいる。

ふとみつけた石碑の文字。

天が まっかに 燃えたとき
わたしの からだは とかされた
ヒロシマの 叫びを ともに
世界の人よ


どの辺で核が炸裂したんかなぁって…
ふと空を見上げた。

熱かったんかなとか、
感じる暇もなかったんかなとか、いろいろ考えた。

「過ちは 繰り返しませんから」と記されてた。

補修工事のため、足を運べる資料館は本来の半分以下。
それでも此処でしか見れない生々しい歴史を垣間見るコトが出来た。

頭の中には『SHOWER』を創った頃の光景がぐるぐると回ってた。
シリア内戦で、空爆の白煙が少女を真っ白にしてた映像が蘇る。


あさましい人間同士、
「とり」たい気持ちはぼくも一緒。

大事なのは、
「掴みとる」のか、「奪いとる」のか。

他人事なんて、この世にはない。
誰かの痛みを知るからこそ、人間なんや。

悲劇からもっと学ばねば。

犠牲になった方々をこれ以上泣かせたらあかん…
もぅ少し真剣に、平和の意識を高めてかんとね!!


14:36 | - | - | -