<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 広島 D-BAR/広島 | TOP | 岡山 JUICY/岡山 >>

2018.05.12 Saturday

いざ、出雲へ

中国地方ツアー、本日は移動日。

無事に初日福山、二日目広島を終え、本来は広島めぐりをし岡山入りの予定。
ここでRioから…

「出雲に行こう!!」と。

実は今回の旅前から、ずっと考えてたん。
なんとか出雲に行けんかなぁ…と。

口にしなかった理由は、ふたつあったんやけど、
初日・二日目とえぇステージが出来たコトやし、直感で導かれてる気がしたから、「行こ!!」と。

広島から延々と下道を往きます。

山陽・山陰の緑は、同じ本州でも関東と全然違う。

ひさびさ100kmの下道はキツかったけど、いろんな発見が!!
どの家もすべてが同じ景観。まるで、イタリアのよう。※行ったコトないけど…

島根県は日本三大瓦、石州瓦が有名みたい。

知らんコトばっか…

途中、石見銀山を越え…

そして、ついに!!

人生、初出雲。

これだけ社サンを詣らせてもろて来たのに…
出雲とはそういう地なんよね。

こっからはミュージシャンオーラゼロの、''イチ観光客''。
スタッフたちがぎょーさん写真を撮ってくれてたから、『Rioをさがせ!!』



うれしくて、完全にひとり歩き。

これだけ謎めいた、ロマンある社サンはなかなか稀やからね!!
勉強してきた数多の伝説や伝承をひとつひとつ想い出しながら、ゆっくり詣らせてもろた。

本殿を参拝し、西の正面を参り、
出雲の國を創られた素盞嗚命の摂社サンへ。

この神サンはスパルタな神サンで…

大穴牟遅(大国主)に娘サンの須勢理毘売を嫁がせる時も、
相当のイジワル言うか、試練を課せた末… ようやく彼を認めてやったのは古事記で有名な話。

なので、須佐之男命に手を合わせる時は、
確固とした覚悟がないと逆に足元をすくわれてしまうん…

そんな社で、Rioには神サンの使いが顔を見せてくれたんよ!!

ほら!!

お詣りしてたら、石畳から可愛い御使い。
えぇコトあるかもね!!

因幡の白兎も可愛らしい。
ほんまは悪いヤツやねんけどね…(笑

じっくり堪能させてもろた。

最後は48mに及ぶ古代の巨大本殿をイメージして…

ロマンに包まれた、オーラ皆無のイチ観光客でした。

スタッフたちも…

オーラ皆無で結ばれました…

さて、いざ岡山へ!!


11:41 | - | - | -