<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< オフィシャルサイト更新 | TOP | 値打ちが消える… >>

2017.05.07 Sunday

国産メーカーのポテンシャル

本日はギター入れ。

気分を変えて、隠れ名器を。

この子は、「S-YAIRI」ヴィンテージ。

なんと、ハカランダなんよね!!
こんなの状態がえぇ「S-YAIRI」のハカランダは、あんまお目にかかったコトがない。

質実剛健、国産メーカーが1番元気良かった時代の秀逸作やよ。

バックは3ピース。

3ピースで有名なんは、「Martin D-35」とかやけど、こっちはもっと前のハカランダ3枚バック。

弾けない頃や使い熟せない時ってのは、どうしてもメーカーやブランド力に負けて、海外製品に一度は憧れたけど…
弾けば弾くほど、奏でれば奏でるほどに、国産メーカーの楽器・音響機材たちが持ってるポテンシャルの凄さを知る。

日本製ってのは細部の作りなんよね!! それぞれにちゃんと理由があって創られてる。
まさに、「日本刀」と「サーベル」の違いやね。

世界的に誇れる「made in Japan」を築いて来てくれた国産メーカーの職人たちに感謝や!!


14:45 | - | - | -