<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

2018.02.11 Sunday

東金 フルハウス/千葉

千葉は東金へ。

前回は大嵐やったから…
今回は晴れてくれて、ほんま良かった。

フルハウスは、全国で唯一のアンプラグドライヴ。
生声に生ギター。

きつい!!(笑
でも、おもろい!!
生には「生」の空気が漂う。

バレンタインが近かったり、
誕生月というコトで、沢山の御花を頂戴した。

ピストルと花束。

みんな凝ってくれてる。
あらためてこう観ると、ピストルは恐い…

このピストルを花束に変えて…
ずっと暮らして行きたいね!!

2018.2.11 東金 フルハウス/千葉


1,うるむ月夜
2,歌舞伎者
3,ガラクタ
4,ピストルを花束へ
5,私はアンブレラ
6,と或るBlues
7,火花
8,路上
9,シトロエンに乗って
10,マリオネット
11,やっぱ好っきゃねん
12,悲しい色やね
13,おそうじおばちゃん
14,SHOWER
15,ホタル

en
16,小僧
17,さらば
以上。
生音ライヴ、足を運んでくださったひとりひとりに感謝。

素敵な花束たち…

頂戴したお手紙やチョコレート、
すべてRioの中身にさせてもらうからね!!

良き夜でした。
次回は6月頃に。

毎度熱く迎えてくれる鵜澤氏&リエ、
お世話になりました。

星がキレイな夜。

2018.02.04 Sunday

大阪 世界館/大阪

2018年、大阪一発目。

前噂では、いま猛威のインフルエンザで、
来場出来ない方々が多数いらっしゃるとのコト…

心配やし、残念やし…
ただ、我々が演るコトは何ひとつ変わらない。

午前からしっかりと音リハ。



お行儀の良くないRio姿… シンガーソングチンピラです。(笑

そして、オープン。
客席いっぱいの皆々と向き合えた瞬間、すべてがふっ飛んだよ!!



遮二無二に。

時に拳を上げ、時に涙しながら…
メッセージと音楽に向き合ってくれたコト…

ほんまに嬉しく、ありがたかった。

焚きつけられました。

トイレ休憩や1st stageの音響、客席アテンド等々、
いくつかイラッと来るトラブルはあったと思います。

良き声と同時に、我々は辛辣な言葉も頂戴します。
しっかりとそれ等を受け止めながら、次へ次へと積み重ねていきます。

最後まで向き合ってくれたひとりひとりへ、心から感謝。

2018.2.4 大阪 世界館/大阪


1,うるむ月夜
2,路上
3,歌舞伎者
4,ガラクタ
5,私はアンブレラ
6,ピストルを花束へ
7,男花道
8,と或るBlues
9,火花
10,Joker
11,シトロエンに乗って
12,小僧
13,俺のカルメン
14,SHOWER
15,凛 Ring リン
16,R''43
17,ホタル

en
18,近眼乱視のせつないブルース
19,さらば


以上。
今年初の大阪、おかげさまで歌い切れました。

初『男花道』で「エッホエッホ」
初43号線の袂で『R''43』

ほんまの故郷で歌わせてもらえた夜…
この熱情を忘れずに、また今年も全国を駆け巡らせてもらおと思てる。

確かな夢を持って、
あらたに新たに… 挑戦し続けたろ思てる。

今宵のコンサートに携わってくれたすべての方々へ…
ほんまにおぉきにでした。

必ず大阪に錦持って帰ってきます。
ありがとぉ!!


2018.01.27 Saturday

小田原 Rymans/神奈川

神奈川へ。

道中、首都高で大事故…
分離帯が大破で、車が横転しとる…

大渋滞をくぐり抜け、なんとかOP前に現場着。

今宵もたくさんが足を運んでくださった。

熱き若人たちから、
酸いも甘いも知った先輩たちまで。

とにかく、今のRioの空き地に足を運んで下さる方々は、皆が真摯。
しっかりと向き合いながら、時間を共にしてくれる方々ばかり。

終始、窓ガラスが曇り続ける温度。

発するコトは、大変な温度が要る。
同時に、受け止める側も、当たり前に温度が上がる。

それがライヴなんよな!!
タオル投げ込んでもらうほど、えぇ汗かけたよ。

2018.1.27 小田原 Rymans/神奈川


1,うるむ月夜
2,路上
3,歌舞伎者
4,ガラクタ
5,私はアンブレラ
6,と或るBlues
7,チークを踊ろう
8,Joker
9,かげろう
10,マリオネット
11,シトロエンに乗って
12,小僧
13,ホタル
14,SHOWER

en
15,さらば
以上。
足を運んでくださったひとりひとりに感謝。

よき夜を共に出来たよ。
次回は3月24日、また分かち合いたいね!!

居残り組で。


マスター、スタッフさん方々、
お世話になりました。

2018.01.21 Sunday

朝霞 みんなん家/埼玉

埼玉へ飛びます。

朝霞にあるRioの古巣「みんなん家」さん。
なんか、先日マスターが大怪我をされたそうで…

ごっつ心配やっやたんやけど…

元気そうでなにより。

新春一発目の埼玉、
よきファミリーたちが駆けつけてくれた。



今宵も弾き語り。

ギター1本は、やはりおもろい。
自由さの中で、どうやって1曲1曲を伝えていくか…

BANDサウンドを愛してくれる人、
はたまた弾き語りを愛してくれる人、
あたりまえに色な方々がおってくれるけど、
基本、ギター1本で成立しない楽曲はBANDで演っても伝わらない。



皆々の真摯さに焚きつけられました。

2018.1.21 朝霞 みんなん家/埼玉


1,うるむ月夜
2,路上
3,歌舞伎者
4,ガラクタ
5,私はアンブレラ
6,と或るBlues
7,おまえをまもる
8,マリオネット
9,Joker
10,シトロエンに乗って
11,小僧
12,リトル
13,ピストルを花束へ
14,かたじけないね
15,ホタル

en
16,娼婦は眠らない
17,空き地がなくなっちゃった


以上。
今宵も感謝!! えぇ夜になりました。

カラダを創ってるおかげで、声が溢れてくる。
ひとりひとりが向き合ってくれるおかげで、想いが溢れてくる。

今年は埼玉もえぇ花火を上げれたらと思います。
変わらず伝え続けます。

どうもありがとう!!


2018.01.14 Sunday

ひたちなか Little Linda/茨城

茨城二日目は、ひたちなか。

若き熱いヤツ等が、日々音楽を奏でてる街。
現場は良き友、伊藤ちゃんが営む「Little Linda」さん。

地元・勝田の人気店。

夜な夜な人が集って、
音楽を肴に、皆々が楽しめる空き地。

じっくりじっくりと。

過去に数度お邪魔した際、ぼくのMCを覚えてくれてて…
「Rio、おかえり!!」と、皆々が仰ってくれる。

旅をしてて嬉しいコトは、一度目の「はじめまして」が二度目には「ひさしぶり」に変わり、
二度目の「ひさしぶり」が三度目には「おかえり」に変わる。「せやから、旅がやめられへんねん!!」と、ぼくは言う。

焚きつけられたよ。

実直に向き合ってくれた様が、嬉しかった。
とある若き女性が言う… 「目の前で聴いてると泣いちゃうから、奥に隠れました…」

ぼくはひと言。
「泣いたったらえぇやん!!(笑」って。

音楽は向き合って感じ和うコト。
照れや恥は要らない。 さらけだして行こうぜ!!

2018.1.14 ひたちなか Little Linda/茨城


1,うるむ月夜
2,歌舞伎者
3,路上
4,ガラクタ
5,ピストルを花束へ
6,私はアンブレラ
7,マリオネット
8,Joker
9,シトロエンに乗って
10,と或るBlues
11,おまえをまもる
12,ホタル
13,SHOWER

en
14,小僧
15,火花


以上。

勝田の仲間たちへ感謝感謝!!
えぇ夜やったよ。

お店スタッフさんたちまでもが客席の隅に座り、
仕事をひと段落し、じっくりと向き合ってくれた。

居残り組、勝田の若人たちと。

地元の飲食店の人間たちは、毎夜Rioを流してくれてるよう。
地元の農家の人間は、「Rioさん、コレ食べてください!!」と、オリジナルお米を10kg届けてくれた。

地元代行業者の人間は、「東京まで届けましょうか??」と。(笑
みんなが本気で、必死のパッチで生きてる。

伊藤ちゃん、大森、ケンちゃん、皆川農村…
みんなみんな、ありがとうな!!

またお邪魔する。


2018.01.13 Saturday

水戸 Lennon/茨城

今日から茨城。

相変わらず常磐道は空き空きで。
お気に入りのフレンチJazzを聴きながら、あっと云う間に現場。

熱き茨城ファミリーたち。

あまり足は運べてないけど、この街との縁は深い。
大和田氏、軍司氏、当時ナニもなかった頃から「Rio、Rio!!」とエールを送って頂いた。

「ブックエース」と云う、地元のCD・書籍ショップで
名もないRioのポップを創って頂き、よぉ応援してもろた。

形は変われど、今も新たな人間たちへ「Rioは…」と、
見えないチカラで、Rioの背中を押してもろてる。

その中のひとり…
どえらい地元の名物オヤジが足を運んでくれた。

内容は、またライヴMCで語ろう。

イレギュラーな夜。

ライヴはナマもの。
過去にはもっともっと、とても…(笑
みたいなステージがたくさん在った。

今宵を共に出来たのは、足を運んでくださった方々の「楽しむ」コトへの''ゆとり''のおかげさん。

話は変わる。
今宵の最年少は、4歳の少女。

『ピストルを花束へ』と『SHOWER』にチカラが入ったなぁ…
少女を見つめながら歌うと、皆々が彼女の方を向いてくれた。

笑顔で目一杯の手拍子をくれたよ。

少年少女たちへ、なんぞ残してったらなアカンよね…

2018.1.13 水戸 Lennon/茨城


1,うるむ月夜
2,路上
3,ガラクタ
4,大阪でうまれた女
5,ピストルを花束へ
6,Before You Accuse Me
7,おそうじおばちゃん
8,火花
9,シトロエンに乗って
10,小僧
11,マリオネット
12,私はアンブレラ
13,と或るBlues
14,ホタル

en
15,SHOWER


以上。

オーナー土井さんはじめ、
足を運んでくださったひとりひとりに感謝。

音楽を介して、''ナニか''を届けたいね!!
皆々が''生業''を介して、''ナニ''かを伝えてやらんと。
 
土砂降りは明日をつかむSHOWERだ!!

茨城初日。
えぇ夜でした。

水戸のみんな、ありがとう。


2018.01.07 Sunday

千葉旭 peppermint/千葉

2018年、歌い初めです。

古巣のホーム、「旭 peppermint」さん。

新たな楽曲を引っ提げて、弾き語り。

元々ギター1本の人間やから、
弾き語りにはチカラ入る。

今宵も懐かしいナンバーや、
ヒキカタリオならでわの楽曲を。

新年ってコトもあり、着物女性が多い。

やはり、日本人女性の着物姿は良い。

それでも大盛り上がってくれる姿が、さらに良い。(笑

良き歌い初めになりました。

2018.1.7 千葉旭 peppermint/千葉


1,うるむ月夜
2,路上
3,ガラクタ
4,ピストルを花束へ
5,DOWN TOWN
6,私はアンブレラ
7,マリオネット
8,リトル
9,Joker
10,シトロエンに乗って
11,と或るBlues
12,ホタル
13,主のいない部屋

en
14,Lullabye
15,R''43


以上。
変わらず応援してくれるひとりひとりに感謝!!

ライヴ後は地元応援者たちの誕生日会&打ち上げ。
仲内に「1曲バースデーソングでも演ったり!!」と、ボクはインスト曲を伝えたつもりが…

歌いやがった!!(笑

小学校の合唱コンクールみたいな歌い方で…
皆、大満足!!

俳優の藤原シンユウも。

えぇ声色やけど、まだまだ発展途上中。

ラストは居残り組でパチリ。

よぉ呑みました…

オーナー実川氏とも、ひさびさのツーショット。

10年なんてあっと言う間やったな…と、最近よぉ語る。

明日を急ぐ必要などひとつもない。
ただ、借り物の命には「限り」あるコトを意識しとかんとあかん。

限られた時間の中で、いかにより多くのメッセージを残して逝けるか…
今年もひとりでもぎょーさんの方々の元へ届けに行きます。

千葉のみんな、ありがとう。


2017.12.30 Saturday

恵比寿 Matt/東京

無事東京へ戻り、恵比寿へ。

恒例の恵比寿忘年会ライヴ。
盟友・Mattの空き地、「bar Matt」にて。

しっぽり熱く、ひとりひとりへ…

個々席へひとつひとつのメッセージを投げる…
なかなか通常は出来ないライヴショー。

bar Mattは、人種の坩堝。
今宵休憩中、隣にさせてもろたご婦人。

銀座で35年の営みをされて来られた方。
話が尽きない… 魅力的過ぎるルミMAMA。

Matt、仲内、ルミMAMA、ぼく。

培って来たからこそ、人をなめない。
突き抜けて来たからこそ、人を愛でてくれる。

「これまで」は、どこぞのゴミ捨て場に置き捨て、
まだまだ「これから」を我々若造に語ってくださる女性。

えぇ時間を頂戴した。

2017.12.30 恵比寿 Matt/東京


1,うるむ月夜
2,路上
3,ガラクタ
4,ピストルを花束へ
5,おまえをまもる
6,ホタル
7,Joker
8,主のいない部屋
9,stand by me


以上。


そして、
今年ラストの『一万粒のSHOWER』

この男と撮りたかった。

彼と近づくコトはない、
でも、彼と遠ざかるコトもない。

お互い「近い」「遠い」を感じない。
必要である時に呼び呼ばれ、そうでない時は互いに互いを貫いてる。

良き友と、良き年の瀬。


2017.12.28 Thursday

金沢 HIDEOUT/石川

金沢、二日目。

能登から片町へ。
亡き、秀ちゃんの空き地。

「HIDEOUT」さんにて。

小屋入りすると、お店を引き継いでる奥様・かおりちゃんと、
懸命に店長として襟を正してるショウが手厚く迎えてくれる。

今宵は秀ちゃんの良き仲間、中山工業の中山さんからの声がけ。
今回で3回目。

ぼくと中山さんとのキッカケは、秀ちゃん。
向こう側へ旅立ってからも、Rioに縁をくれてる。

秀ちゃん兄ちゃん。

ぼくは「お兄ちゃん」と呼ばせてもろてる。
お兄ちゃんは、この3日間、ずっとぼくと一緒してくれてる。

初日の片町からはじまり、二日目の能登。
能登帰りは雪が厳しく、お兄ちゃんが「ぼくが先導しますから!!」と、
金沢へ入るまで、ずっと徐行で僕たちを無事に片町まで届けてくださった。

そして今宵も。
「中山さんのおかげさまで、秀ちゃんの店でRioを聴かせてもらいます」と…

素敵な時間やった。

仕事と家族、仲間と想いを大切にされてる中山さん…
客席はご家族はじめ、この1年彼を支えてこられた様々の業種の方々が。

何故か、強く戦って来られた男の握手は柔らかい。

中山さんと。

2017.12.28 片町 HIDEOUT/金沢


1,うるむ月夜
2,路上
3,ガラクタ
4,ピストルを花束へ
5,チークを踊ろう
6,火花
7,ホタル
8,さらば


以上。

声をかけて頂いた中山さんはじめ、
最後まで真摯に向き合ってくださったひとりひとりへ感謝。

秀ちゃんもきっと、毎年この場所で中山さんの想いに喜んでくれてると思う。
熱い人間には想いがある。

忘れないために、続けたいね!!
失くさないために、届けたいね!!

来年の想いを中山さんに語ったら…
「ほんまですか?! よっしゃ、やりましょ!!」と声を高らげてくださった。

2018年、金沢に錦飾れるよう、
またチョクチョクと帰ってきます。

今回の旅で、よぅやく金沢にお邪魔やなく、
帰って来れるような… そんな気持ちを頂戴しました。

絶対、忘れません。
忘れかけたら、帰ってきます。

I Love Kanazawa!!
徳川三羽烏へ胸張れるよう!!

来年も、よろしくお願いします。


2017.12.27 Wednesday

能登 青木織布/石川

能登へ飛びます。

中能登、七尾の「青木織布」さんへ。
織物工場にて。

首領の青木さんがしきりに言う。
「普段、懸命に働いてくれとる社員たちにメッセージをお願いします。」

続けて、「我々経営者は、社員ひとりひとりのシアワセのお手伝いをするコトが第一なんですわ!!」と。

地元の新聞社、テレビ局も入ってくれての工場ステージ。

普段、何気なく着てる衣服、寝具…
すべては生地がないと、創るコトすら始まらない。

社長は続ける。「我々の生業は『影』なんです。
せやけど、『影』がないと『光』が創れないから…」

まだ出逢って数度も向き合ってないけど、
今回現場へお邪魔して、ものっそその意味がよぉ理解出来た。

道中、こんな景色。





雪景色を越え、荒れ狂う日本海を越え…

娯楽どころか、コンビニやファミレスも見当たらない街で、
昼夜、四方壁に囲まれた中での作業、作業、作業…

60名ほどの前、半分が20代、半分が40代以上。
若人たちは物珍しそうに演奏を見つめてくれ、
40代以上は、メッセージに「そうだそうだ!!」と嗜んでくれた。

北國新聞社がすぐに記事にしてくれた。

きっとその内、東京キー局の番組で取り上げられると思う。
こういう方々がおってくれるからこそ、我々が不自由のない生活をさせてもらえる。

当たり前を当たり前と思わず、
どこかで、見えない汗に気づいて行きたいね!!

2017.12.27 能登 青木織布/石川


1,うるむ月夜
2,路上
3,Joker
4,小僧
5,ホタル


以上。

青木社長はじめ、
最後まで向き合ってくださった社員さんひとりひとりに心から感謝。

えぇ経験させてもろた…
ってか、またお邪魔したい!!って想いを頂戴した。

陽の目を観るか観ないかではなく、
いかに、誰かのお役になってるかどうか…

生まれてきた理由は、それぞれ「おつとめ」があって産まれて来たとRioは思てます。
だから、その「おつとめ」を日々全う出来てるかどうかが、本質やよね!!

縦の糸と横の糸。
織り成し、我々の「衣」を提供してくれてるのは、青木織布の皆々。

忘れたらアカンことが、またひとつ。
必ず能登へ帰って来ます。

いつもありがとう。
これからも、お世話になります。