<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.09.20 Wednesday

今週のライヴショー

今週末は金沢へお邪魔。

初日は「全開口笑」サン。
二日目は「RIVER SIDE」サン。

「全開口笑」は中華料理屋さん。
オーナーが音楽大好きで、自らもミュージシャン!!
Rioの楽曲もカヴァーしてくれてたり…
ちといろいろ楽しめそう。。


「RIVER SIDE」は、Jazz Club。
全国のJazz Manたちが集う、良き空き地。
今回はDrumの央(EGO-WRAPPIN)を率いてのステージ。

※クリックすると拡大表示されます。

ありがたいコトに両日完売。
目いっぱいを伝えに行くんで、良き時間を共にしましょ!!


08:19 | 告知 | - | -
2017.09.19 Tuesday

新小岩 小楽/東京

今宵はシークレット。

地元、江戸川区にて。

割烹料理「小楽」さん。


今日で8周年。
OPEN当初から、周年ライヴを演らせてもろてる。

割烹とRio… なかなか合うんよねぇ。

昨年が1度だけ出来なくて、来場される方々とは2年ぶり。
せやけど、いっこもそんなインタバルがあったとは思えんほど。

顔なじみの方は「待ってたよ」と仰ってくれ、
はじめましての方々は「たのしみにして来ました」と。

今宵も皆と''ひとつ''になれた。


共に笑ろて、歌って、酒呑んで。
「小楽」のお客サンは、割烹だけあって年配の方々が多い。

せやのに、ステージから語りかける一言一言に涙してる方々が多かった。
音楽のチカラ、メッセージの重さを知る。

焚きつけられたえぇアニバーサリーやった。

2017.9.18 新小岩 小楽/東京


1,うるむ月夜
2,路上
3,歌舞伎者
4,やっぱ好っきゃねん
5,ピストルを花束へ
6,火花
7,ガラクタ
8,シトロエンに乗って
9,小僧
10,空き地がなくなっちゃった
11,ホタル
12,凛 Ring リン


以上。

板長のコーちゃん、さっちゃん、スタッフさん方々はじめ、
最後まで真摯に向き和ってくださったひとりひとりに心から感謝。

〆のスタッフショット。

8周年、ほんまおめでとう。
よき新小岩の空き地を守り続けてください。

本物を食したかったら、ぜひ「小楽」へ!!


2017.09.18 Monday

彼岸花

ごっつえぇ吉日。

天赦日であり、さらに一粒万倍日の神吉日。
月中やけど、氏神さんへ足を運ぶ。

連休真っ只中やのに、たくさんが参拝に来られてた。
社の周りには、たくさんの彼岸花たち。

季節はほんま、最高の不思議。

時が来れば、必ず旬が咲く。
四季ある国に産まれてホンマ良かったと思える瞬間。

他国を罵るコトより、自国を誇るコトの方がずっとえぇ。


07:48 | - | - | -
2017.09.17 Sunday

さらに新曲

ルーティーンの日々。

やっぱ新しいモンが欲しくなる。
ふと口ずさむフレーズがえぇ感じ。

すぐにギターを取り、音を録る。

便利な時代で、携帯のrecボタンを押すだけで音が残る。
当時は今以上に昔気質で、「頭に残ってないフレーズなんて、しょーもないメロじゃぃ!!」と、残すコトもなっかたんやけど…

現在は、ちょっとえぇ感じのメロなら、すぐに残す。(笑
精神論より、「実」になってしもた。

えぇモン創れるんなら、手段は選ばなくなった。


07:37 | - | - | -
2017.09.15 Friday

買ってしまった…

ついに手を出してしもた。

話題のTシャツ。

こんなん買う人ちゃうかったんやけど…

カラダを創り始めてから、ライヴ後に「上半身、一回り大きくなりましね!!」とか、
マニアックな人は「リズム踏んでる時に観えたけど、ふくらはぎ〜腿にかけて筋肉が隆起して来たね!!」などなど…

頑張ったぶんの変化が人様に伝わると嬉しくなってしまい、
さらなる進化を目指し、足をくじいたり、腹筋を痛めたり…(笑

おもろいもんで、そういう方向を向いてると、そっち系の情報がたくさん入って来たり…
また元々Rioの周りには屈強な格闘家の方々が多かったりと、今回に至った。

さて、
Rioはどの方向へ行くのか…

ぼくは一体ナニを目指してるのか…
上半身裸で、ギターストラップかけてエレキギター持って出てきたら、もぅ無視してもろて結構です。(爆


12:19 | - | - | -
2017.09.14 Thursday

東京ぐるり

たくさんのチカラを借りた大阪ライヴ。

今宵はお礼にまわります。
会場のエントランスで縁日風に飲食を担ってくれたんは、心斎橋「39」さん。

東京店は西麻布にあり、ライヴはもちろん、
プライベートでもよくお邪魔させてもろてる。

オーナーの伊藤さんと。

ひさしく呑んだから、顔真っ赤っ赤…
次の大阪コンサートへ向け、スタッフ皆で打ち合わせ。
大きな夢舞台を実現させるべく、動きまっせぇ〜♪

ほいで、最後は新宿『花梨』さん。
ご無沙汰しすぎてた…

G.D Flickersのギタリスト、博英さんと。

こんなゆっくり表へ出るのは久々。
えぇ時間過ごさせてもろた。


13:54 | - | - | -
2017.09.13 Wednesday

男はつらいよ

ちと、うらばなし。

Rioと世界館をつないでくれたのは、ナニを隠そう「寅さん」なん。
我が人生の師、フウテンの寅さん。

もぅ何度観たことか… 最高の男のBlues作品。
その第27作目、「男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎」、舞台が大阪なん。

なんと撮影場所が、我が母校の隣にある古いアパートであったり、
地元此花区の映像が結構出てくるん。

ヒロインは松坂慶子さん。

だいたい、どこで撮ってるのかが分かったんやけど、
どうしてもワンシーンだけ分からない場所が…

早速「男はつらいよ」のHPを観てみると、
事細かく撮影場所の住所が記されてた。

此花区側と思ってたら、その未解のシーンは川向うの港区、波除やったん。
便利なGoogleのストリートビューで観てみると、寅さんが足を運んだ手洗い場がまだあった!!

次大阪に帰ったら、いっぺん行ってみよと、もぅちょい当たりを検索。
するとレトロな壁に「世界館」?? と…

すぐに調べると、これが今回の劇場やったというワケ。
せやから、Rioと世界館のキューピットは寅さんなんよ!!

わかるかな??

上を走ってるのが「43」、窓の左手の電信柱が「世界館」前。
こんな出逢いはなかなか…

寅さんに感謝。

我が家から小岩へ抜け、柴又街道を北へ上ると帝釈天がある。
ものの20分のドライヴ、「とらや」と「帝釈天」にお礼を伝えに行く。


13:31 | - | - | -
2017.09.12 Tuesday

東京の空

大阪は暑かった…

ライヴ当日なんて、35℃やで。
表にタバコ吸いに行くんも億劫なくらい…

無事に東京へ戻り、
ベランダから空を眺めると…

東には心地よい曇天に虹。

西側は…

見事な黄金模様。

空が踊っとる。

いつからやろか…
新幹線のアナウンスが「次は終点東京です」と流れると、ホッとするようになった。

東京の自宅に帰ると尚更。
数日空けてたせいか… 畳の匂いが心地良い。

東京の空の下、
妙にゆっくりタバコを一本。


06:58 | - | - | -
2017.09.11 Monday

再び作業

スイッチを切り替えて、EDIT作業。

''制作''という作業は嫌いではない。
むしろ、コツコツとナニかを少しずつ仕上げていくコトは好きなほう。

ただ、制作時期はなるべくライヴを避けたいん。
というのも、「ライヴ」スイッチと「スタジオ作業」のスイッチは容易く変えられへんのよね…

ようやく制作作業が乗って来て、「よっしゃ、そろそろ仕上がる!!」って時にライヴが入ると、
全モードをライヴに変えんとあかんから、そこで一旦制作のスイッチが切断されてしまう。

結果、再度制作エンジンがかかるのに、しばらく時間を要するコトになる。
逆もそぉ。recモードから一気にステージモードにはなかなかカラダが馴染んでくれない。

10年演って来た中で、ようやく逆算して、
ステージやスタジオに挑む段取りが出来るようにはなったけど、やっぱね…

この無機質な景色が、一気に人様の瞳に変わるワケやから。

某BANDみたいに、夏しかライヴをしないとか…
理想やなぁ〜…(笑


12:05 | - | - | -
2017.09.10 Sunday

大阪 世界館/大阪

地元凱旋。

ほんまに実家から10分。
周り360度がRioの原風景。

現場の上を『R''43』が走り、川向こうに失くなっちゃった『空き地』があった。
湾の方へ走った防波堤で『DOWN TOWN』を創り、ぼんくらでガラクタな日々を送ってた街。

地元大阪の人間でもあんま足を運ぶことのない街、弁天町波除。

いまも古い工場や産廃置き場が立ち並ぶ素敵な匂い。(笑

午前10時から仕込み開始。
スタッフ皆々が懸命に汗を流してくれ、1時間もマキでRH。



レトロと言うか、ナンと言うか… ぼくの好きな世界。

今宵もたくさんが足を運んでくださった。
北は北海道、関東勢は東京・千葉・埼玉・神奈川から挙って。

静岡に愛知、京都や兵庫、四国は徳島からも。
2017年、この足で周って来た街々の皆がRioの故郷に集ってくれた… ほんまに嬉しかったよ。



2曲目くらいから、もぅ次回のコトを考えてたわ…(笑

ライヴが終わりに近づいて行くにつれて、皆と離れたくなくてね…
出来るコトなら、このまま一緒に朝まで歌い続けたいくらいやった。



まちがいなく、皆が''ひとつ''やったよ。

真摯な眼差し、突き上げてくれた拳、
時にほろっと流してくれたしずくたち…

すべてに焚きつけられた。

負けんとこな!!
多かれ少なかれ、皆が抱えながら生きとるんやから…
たとえ誰かに打ちのめされても、どうか自分自身に負けず、共に踏ん張ろうぜ!!

2017.9.10 大阪 世界館/大阪


1,うるむ月夜
2,路上
3,歌舞伎者
4,ガラクタ
5,ピストルを花束へ
6,おまえをまもる
7, Saturday Midnight
8,俺のカルメン
9,火花
10, Joker
11,夜を唄えば…
12,シトロエンに乗って
13,小僧
14, SHOWER
15,凛 Ring リン
16,主のいない部屋
17,ホタル

en
18,近眼乱視のせつないブルース
19,さらば


以上。

足を運んでくださったひとりひとりに心から感謝。
みんなと同じ時間を共に出来たコト、ほんまに嬉しく思ってます。

ようやくスタート出来た気がする。
次に目指すは大阪「フェスティバルホール」。

そして神戸「ワールド記念ホール」やって、「大阪城ホール」やな。
皆の想い、チカラをRioに貸してもろて、共に''掴み取りたい''ね!!

Rioの空き地は、皆がファミリーであり、大きなチームでありたい。
失くしたらアカン大事なメッセージを共に叫び、次へ伝えて行こうぜ!!

それがRioの''夢''。

打ち上げは心斎橋「39」にて。

最後になったけど、様々な形で今回のステージに携わって頂いたすべての方々へ、心より感謝致します。
大阪バンザイ。

みんな、おぉきに。