<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2020.06.26 Friday

こころづかい

お花が届く日々。

本当に感謝です。
ちゃんとエラに手向けてます。

中でもビックリしたんが、
世話になってた動物病院から!!

嬉しくありがたく…

亡くなったコトは残念やけど、
見送る準備をさせてくれたんが
しっかりした動物病院の若き医師たち。

通うたびに適切な処置をしてくれ、
見送った後にも、こうして心遣いを…

命の尊さをあらためて知ります。


17:15 | - | - | -
2020.06.25 Thursday

電車、もぅ乗らん!!

打ち合わせへ向かう。

めずらしく車に乗らず、
電車で現場へ向かいます。

正直、電車に慣れてないボクは、
かなり余裕を持って自宅を出発。

JRから半蔵門線に乗り換え池尻を目指す
と… 水天宮駅から電車が動かない。

「あれっ??」思てると、
声の小さい車掌がゴニャゴニャ言うてる…

5回くらい聴いて、やっと理解。
鷺沼駅で信号設備の不備がアリと…
まぁ電車は動かず、ただただ先方に連絡する。

ひさびさの電車がこの次第。
怒りの矛先すら分からず…
とにかく急ぐため、周りに尋ねる。

銀座線に乗り換え、渋谷。
そしてまた乗り換えて、やっと到着…
大きな男たちを40分も待たせてしもた…

「気にしなくて良いよ!!」と、
言われれば言われるほど、胸が痛くなる…

たのむぞ、世界に誇れる日本のダイヤ!!


02:38 | - | - | -
2020.06.24 Wednesday

空へかえる

エラが逝き、二日目の昼…

姿カタチが見えなくなる最後、
しっかり瞳に焼き付け、送り出した。

葬儀屋サンは、いつも通りなんやろう…
手際よく、躊躇するコトなくエラを火の中へ。

空になった。

出逢ったのは、ゴミ捨て場。
あれから16年をちゃんと生き抜き…

踏ん張り乗り越え、空へかえる。
みんな、空へかえる。

空をずっとずっと観た日。


02:22 | - | - | -
2020.06.23 Tuesday

ひまわり

お花が届いた。

綺麗なひまわりが届いた。

そぅ言えば、河川敷にも咲いてたなぁ…

花を添えると華やかになる。
三毛とひまわりがマッチしてて良い!!

皆々の心遣いがありがたい。

ほっとつく、ため息ひとつ
すぐあと、ため息もぅひとつ


22:09 | - | - | -
2020.06.22 Monday

逢えて良かった

6月22日、雨。

16年連れ添った愛娘のエラが、
ゆっくり、おだやかに生き抜いた。

ロウソクの灯が尽きるように…
眠るように、しずかに瞳を閉じた。

エラ、お疲れさま。

2004年1月23日、
この街に越して来て、まだ間もない頃。
寒空の下、ゴミ捨て場へゴミ出しへ行くと、
水色のゴミ箱の中から猫の鳴き声が聴こえる…

産まれたての男の子と女の子との出逢いの日。

あの日は、お前たちにこんな想いをさせた奴を
すぐに見つけ出して、同じ想いさせたると憤った。

でも、今想えば…
お前たちとの出逢いをもろて感謝してる。
もし見つけたら、もちろんシバくけどな…(笑

出逢った頃、おとーちゃんは動物が苦手で…
素手でさわるコトも、まーまー本気で怖くて…
当時おってくれたスタッフの皆々に、
「ちゃんと育てられる??」と念を押されたよ。

そして人生初の飼い主を経験させてもろた。

名前が大事やってん!!
Tom WaitsとRickie Lee Jonesから、
男の子はトム、女の子はリッキーにするか、
Louis ArmstrongとElla Jane Fitzgeraldから、
ルイとエラにするか… 数日間死ぬほど悩んだ。

結果、大御所から名を借り、
ルイ君とエラちゃんとの生活が始まる。

とあるイベントから帰ったら、
ルイの下半身が動かず這ってたん!!
翌日病院へ連れて行くと、血栓が詰まり
明日明後日の命と知らされ、4歳の猫生やった。

ちょっと臆病で、とても優しい男の子は、
『リトル』という素敵な曲を創らせてくれた。

言葉のない動物は、「しんどい」ひとつ言わず、
小さなカラダと小さなヒトミだけで生きている。
そんな唄を描いて、かれこれ12年か…

なぜか、小さい頃を想い出す。

言う事をきかん時は叱ったし、
お仕置に小屋に入れたコトもある。

10分もせん内に心配で覗きに行くと、
反省色皆無で「ニャー」とメシをねだる。(笑


小さな命から、たくさんを学んだ16年やった。
おかげサンで、ちょっとだけ優しなれた気がする。

きっと日本一、RioとBluesを聴いた猫達やろう。

ルイは9月22日に、エラは6月22日に…
ふたり揃ってニャンニャンの日が月命日に…

ちゃんとシャレがきいとる!!

さすが、おとーちゃんの子や!!(笑


よぉ我が家に来てくれた。

ルイがひょこっと迎えに来てくれてるわ。

エラ、またおいでな。
よぉ逢いに来てくれた。

しばしそっちで、
またヤンチャしといてくれ!!

ありがとうな…

逢えて良かった。


02:34 | - | - | -
2020.06.21 Sunday

季節の音

贈り物が届いた。

なんと、富士山の風鈴。

風情のある日本の情緒。

たぶんえぇヤツなんやろね、
音色が素晴らしいんやわ!!

特に静かな夜に鳴る一音は、
まるでクラシック楽器のよう。

えぇモンもろた。
感謝感謝!!


23:31 | - | - | -
2020.06.20 Saturday

御天赦

氏神さんへ伺うと、茅の輪が。

これを観ると、
上半期が終わるを知る。

水無月の夏越の祓え。

今月も末から大阪やから、
先にくぐらせてもらおかな。

そーいえば、手水舎が綺麗になってて
亀さんが置かれ、仕掛けられとったがな!!

なんぞ可愛い。

良き日は一日がもったいなくて色々したなるけど、
徹夜明けやったから、ほとんど寝てしもた…(笑

まぁ、果報は寝て待つとしよ。


04:25 | - | - | -
2020.06.19 Friday

一気に

頭を整える日。

高速に乗ると、千葉方面が大渋滞!!
県境越えの許可が下りたせいやと云う。

それにしても、一気に…
こんなんしてると… ちょっと不安。

やっとの想いで渋滞を抜け、
ヘアメイクの塩ちゃんと語る。

美容院業界はとても忙しい様子。

しかし一気に変わるんやなぁ…
お上からの''一号令''にこんな影響力があるとは…
尚更、慎重に責任を持って発して欲しいモンや。


01:56 | - | - | -
2020.06.18 Thursday

ほたるの光

ほたるの季節。

生憎の強い雨やったけど、
とりあえず京葉道路を東へ。

まぁ拝めんかっても
雨のドライブもえぇわな〜と、
古いアニメを観ながら秘密の場所へ。

地元の方でも知らんという、ほんまの穴場。

ザーザー振りの中、真っ暗の坂を下り
畑の畦道をカエルの唄を聴きながら歩く…

「やっぱりおらんかなぁ…」言うてると…

一匹が飛び始めてくれた!!

ひとつが光ると、次々と。

すごく小さくて、弱弱しいのに
なんでこんなに感動するんやろか…

自然の光に今年も逢えてよかった。


06:22 | - | - | -
2020.06.17 Wednesday

ライヴ感

こういう時代…

こういうご時世やから、
きっと画面越しの''ライヴ''ってのが、
成立し、新たな娯楽になるのかも知れん。

えぇこっちゃ!!
形は時代と共に変化する。

ライヴの観方は変われど、
変わらんコトがただひとつ…

それは、''ライヴ感''

ボクたち世代は音を聴き映像を観て、
どないしても生のライヴ感を味わいたくて、
逢いに行って、肌で感じて… 
染みて、奮えて… 自らの人生に反映した。

移り変われど、変わらないモノがある。
ひさしくこんなコト、演ってみたいな…

Rioと演歌
 


16:54 | - | - | -